おはようございます! 畠山です!

体内のセロトニンの分布は、ご存知ですか?
脳のセロトニンは、全身の2〜3%に過ぎません。

セロトニンは、消化管で大量に必要とされます。消化管で90%以上が消費されます。
炭水化物を食べ過ぎると、セロトニンが不足します。このことが脳のセロトニンの慢性的な不足の原因になります。

自然界で言えば、ライオンは1週間に一度しか狩りを行わず、あとは寝ていることが多いので、お腹が空くまでうつ傾向でも良いのでしょう。

「食べたら元気が出る」と感じるのは、一時的な幸福感で、成功報酬系の作用であり、脳の機能としては 食べ過ぎで活動が低下します。

健康のために、正しい食事療法を!